gekkoh.net トップへ


自己紹介 ブログ 演奏いろいろ リンク集
タマ子劇場 血液型の話 お酒の話 写真 過去のエッセイ


08年 05月 25日(日)
女性同士でたまーに話題になるダンナの(愚痴?)話。
悪口とはちょっと違うし、共感できることも多いので盛り上がる時があります。

20代の時ならともかく喧嘩するのは体力が必要なので、なるべく避けます。
とにかく『怒らない』 『褒める(おだてる?)』 『お礼を口に出して言う』等々・・・スムーズに生活していける術が身に付いてくるのはお互い様かもしれません。

この前は、仕事から帰ってきたダンナさんの足が臭くて無性に腹が立って我慢できなくなったと言う人がいました。

でも帰ってきて疲れている時に言うと角が立つし、かと言って後日「あの時、臭かった」と言うのもあまり意味がない。
今、臭いのは対応が難しい。
でもまぁ角が立っても自分のダンナには言うんだけど、それで雰囲気が悪くなると面倒ですよね。

これからの時期は汗もかくし臭い対策は大変。

数年前に加齢臭用のボディシャンプーがあると聞いて何度か買ってダンナに使うように言ってたことがあるけれど、確か600〜800円ぐらいだったと思います。
高い!
私が使ってるボディシャンプーの方がはるかに安いと思うと続けて買うのが嫌になってきました。

そこで考えたのが、お風呂に "酢" を入れること。
少し入れるだけで殺菌、消臭効果があると聞いたのでダンナを酢漬け。
ほとんどバレないし、何か言われても入浴剤と言ってしまいます。
(ここ数年はしてませんが・・・)

そう言えばお風呂に牛乳を入れて「新しい入浴剤よ。」と言っている人もいました。
その人によれば牛乳風呂も消臭効果があるらしい。

別にダンナが臭いと言うわけではないんだけど、年々歳をとっていくので早めに手をうっておきたい・・・と、言うところでしょうか。

前回、「最近、素敵な50代が多い。」と書いたけれど、こんな涙ぐましい(?)妻たちの(余計な)努力によってオヤジ化への速度が落ちているんじゃないかと思いました。


でも結婚して10年以上になってくるとなかなか面白いですね。
何が面白いって、お互いに歳をとって変化していくのが目に見えること・・・ ^^;

過去エッセイ目次へ



Copyright (C) Since Aug,1998 GEKKOH.NET All Right Reserved.
※無断転載、二次利用はご遠慮ください。