gekkoh.net トップへ


自己紹介 ブログ 演奏いろいろ リンク集
タマ子劇場 血液型の話 お酒の話 写真 過去のエッセイ


08年 06月 30日(月)
ダンナが "親知らず(親不知)" を抜いて来ました。
普段はオヤジギャグ炸裂(?)の人が、すっかり弱くなってショボーンとなっていました。
親知らずと言っても上の歯なので、そんな大変ではないはずなのに・・・

"親知らず" ってどれくらいの人が抜いているんだろう?
私は上の歯と下の歯を1本ずつ抜いています。
経験者は分かると思いますが下の歯を抜くのが厄介です。
しかも歯が出てきていない場合は歯茎を切って中の歯を割ったり砕いたりして力ずくで取り出すのですが、これがメチャクチャで「一体口の中で何が起こっているんだろう?!」と思うくらいバキバキと音がします。

ちなみに上の歯はペンチのようなものでつかんで一気に抜けたので楽でした。


歯を抜く当日になって、やっぱり行くのをやめると言いだしたダンナ。

「絶対に歯医者に行ってよ〜! 私が恥をかくんだからねっ」
最近、私も同じ歯医者に行き始めて 先方も夫婦だと言うことも知っているはず・・・

『歯を抜く当日になって逃げた弱虫な夫を持つ妻』
こんなレッテルを貼られてしまうんじゃないだろうか。

だいたい歯医者嫌いなのは男性に多くないですか?
親知らず抜く前日に熱を出してた人もいたなぁ。 そんなに怖いのかな。
私は子供の頃、歯医者が好きな方だったのですが・・・これはこれでまぁ問題でした^^;

さて、牙を抜かれた狼のようにおとなしくなったダンナ。
又はシッポを切られた孫悟空? (だったよね?)

いや、もともと牙があるようなタイプの人ではないから狼はおかしい・・・確か動物占いはヒツジだったはず。

毛を剃られて丸坊主になったヒツジと言う感じでしょうか。
プルプル震えているようにみえておかしくなってきました。

まだ下の歯を抜かないといけないらしいのですが、しばらく痛いのは我慢すると言っていました。
抜いてしまえばいいのにねぇ。
過去エッセイ目次へ



Copyright (C) Since Aug,1998 GEKKOH.NET All Right Reserved.
※無断転載、二次利用はご遠慮ください。