gekkoh.net トップへ


自己紹介 ブログ 演奏いろいろ リンク集
タマ子劇場 血液型の話 お酒の話 写真 過去のエッセイ


09年 2月 12日(木)
"やかん" を買い換えました。
何てことない出来事のようだけど私にとっては念願のヤカンでした。

私達 夫婦は独身の頃、お互いが独り暮らしだったので結婚する時、今まで使っていたものを少しずつ持ち寄って新居へ引っ越しました。

その中でダンナが持ってきたヤカン。 まるでヤカンの中のヤカンのような形。
当時、かわいいヤカンが欲しかった私は怒ったけれど、だからと言って捨てるのもどうかと思って使い続けました。
そのうち「ヤカンなんて誰に見られるわけでもないし別にこのままでいいか。」と思うようになりました。

ところが!
結婚7〜8年目にヤカンを披露する時が来ました。

それは近所の公園でお花見をしていた時、誰かがお湯割りを飲みたいと言い出してお湯を沸かすものがなかったので一番家が近い私がヤカンを持ってくることになりました。

申し訳ないからと、わざわざ車で送り迎え付きでした。(徒歩5分くらいなのに)
まさか、あんな大勢の前でマイヤカンを披露するとは思っていなかったのですが・・・

「夫婦二人だと、そんな大きさのヤカンなのねぇ」
「若いからもう少しお洒落なのを持ってくると思った」
などと言われて、最も見せたくなかったヤカンを目の前に恥ずかしかったです。

その後もヤカンは活躍しました。
お店の食器売り場でお洒落なやかんを見るたびにダンナとの間に何とも言えない白い空気が流れました。
今さら怒るほどのことでもないけど、何とも言えない微妙な空気感。

で、このたびニトリで買いました。
それを機にフライパン、お鍋の蓋、卵焼き器などなど一緒に買ってしまいました。
隣でダンナが急にどうしたんだと驚いていました。

「アナタにヤカンを語る資格なんてないのよ! 今のフライパンもボロいでしょ! 蓋だってもっと機能的なのが欲しいよ。本当は土鍋もお鍋も買い換えたいけど今日はこれだけにしとくわ。」
私の迫力(?)に大人しくお金を出していました。

本当はもっとカラフルでかわいいのがいいかなと思ったんだけど、結局使いやすさ重視。
しかし何で急に買い換えたくなったんだろう?

古いヤカン・・・12年間お疲れさま。
やかん
過去エッセイ目次へ



Copyright (C) Since Aug,1998 GEKKOH.NET All Right Reserved.
※無断転載、二次利用はご遠慮ください。