gekkoh.net トップへ


自己紹介 ブログ 演奏いろいろ リンク集
タマ子劇場 血液型の話 お酒の話 写真 過去のエッセイ


09年 3月 9日(月)
あまり気付かれていない感じがするのですが去年の秋ごろから歯科矯正をしてます。
なんで気付かれないかと言うと、たいして進んでいないから。

まだ全ての装置が入っわけではなく、一番目立つ前歯に何もされていない。
いつになったら進むんだろうと思っていたら、ここ最近で歯茎にクギのようなものを打たれ、ワイヤーは太くされ、歯を2本抜かれました。

もともと歯を抜くことに抵抗はなくて、親知らずも全部抜いているようです。(記憶がないけど)
ついでに一番奥の噛み合ってない歯も抜いて欲しいと言ったら、これは動かしてみると言われました。

最近は大人になってから矯正する人も増えているようですが、小さなお子さんがいるご家庭では順番に矯正しているらしくて、「お金がいくらあっても足りない。」と言っていました。
特に子供はかなりの確率で矯正が必要らしいです。

歯科矯正って高いですよね。
だいたい何でアゴの形と歯の本数がピッタリじゃないんだ?

アゴが小さくなっているなら歯が減るか1つ1つの歯が小さくなるなど進化してい欲しいです。
私なんて親不知を抜いて、別で歯を2本抜いて、おまけに奥の歯が1本噛み合っていない状態。

最初から少なくはえてくれたらこんなにお金はかからないんじゃないかな。
それとも最近の子供は進化してるの?

そう言えば北京オリンピックの陸上でジャマイカが圧倒的な強さを見せつけましたよね。
彼(彼女)らの姿を見て、スラリとして綺麗だなと思いました。
綺麗についた筋肉。 無駄のない体系。 バネのようにしなやかに走る姿。

で、歯並びもみんな綺麗だと思いません?
しかも矯正している感じでもない・・・アゴもしっかりしています。

もしかして、これが人間の本来の姿?

ふと、こんなことを思いながら観ていました。
と、言うことは歯を抜いている私が退化しているのか?

同じ人間なのに、ずいぶん違うものだなと工事中の自分の歯を見て思います。
過去エッセイ目次へ



Copyright (C) Since Aug,1998 GEKKOH.NET All Right Reserved.
※無断転載、二次利用はご遠慮ください。