gekkoh.net トップへ


自己紹介 演奏いろいろ リンク集 不定期エッセイ
タマ子劇場 血液型の話 お酒の話 写真 過去のエッセイ


09年 12月 10日(木)
「私は51歳で死ぬんだから今、忙しいのよ。」と、友人が言った。

なんで51歳? と、思ったら数年前に私が占いをして51歳で亡くなると言う内容の用紙を渡した(らしい)。
そう言えば7〜8年前にエクセルのマクロで作られた占いが流行って早速、彼女にもやったんだった。

でも所詮エクセルで作ったデータでパターンが決まっていて似たような結果の人がいっぱいいました。
ちなみに私は長生きする結果だったので「ひどい奴」と言われていたけど、まぁまぁ占いですから。

家のローンは繰越返済しないでおこう。(完済前にいなくなるかもしれないから)

「それから、私が50歳くらいになったら家の整理整頓するように言って。」(友人)
「なんで?」(私)

「見られたくないものとかあるでしょ。」
「確かに・・・」


ちょっと話がそれるけど 先日、母親から電話がありました。
相変わらず愚痴が多くて 適度に耳を受話器から外しながら聞いていたのですが話題が息子達(私の兄弟)のことになると甘い・・・と言うか媚を売っているようにさえ見えます。
娘(私)に対してはこんな感じなのに やっぱり息子には違うもんだなぁ。 仕方ないか・・・

その時、出掛ける予定があって時間がなかったので 『えーい、面倒だ!』と思って
「お母さんと息子とどっちが先に死ぬのよ? 息子より長生きする自信があるんだったら今のままでいいよ。」

そして電話を切る時も
「いい? 正しい順番で行くとアナタが先に死ぬのよ。 先に逝く人と残された人の役目を考えて!」
そう言って電話を切りました。

できれば親には元気で長生きしてほしい。
でも一番不幸なのは順番どおりに亡くならないことだと思う。
たくさん生きて色んな経験をして「もうそろそろいいよ」と(神様が?)言って順番に亡くなることは悲しいことではない。
そうは言っても森繁 久彌さんみたいに長生きされたら子供としてはちょっと話が変わってきますが。

そう言えば友人は お葬式で使う写真も決めているらしい。
見せてもらったら ちょっと今より若いけど確かによく写っていました。
「これならギリギリ詐欺にならないんじゃない?」(私)

なんだか怖い会話・・・でも今 元気だからこそできる会話ですね。

「そう言えば ○○さんとこのおばあちゃんが『生前葬』をやったらしいよ。」
私達の話を聞いていた人が言ってきました。
生きている間にお葬式をするらしいのですが、周りも行かないわけにもいかず、生きた人があれこれ注文つけるんだから大変そう。
で、亡くなられた時は本当に何もしなかったらしいです。 いろんな人がいるんだなぁ。


友人に51歳過ぎたらどうするのかと聞いたら「それ以降のことは、考えてない 」と返ってきました。
えぇーーーーっ!?
私、彼女の面倒みなきゃいけないのかな・・・
過去エッセイ目次へ



Copyright (C) Since Aug,1998 GEKKOH.NET All Right Reserved.
※無断転載、二次利用はご遠慮ください。