gekkoh.net トップへ


自己紹介 演奏いろいろ リンク集 不定期エッセイ
タマ子劇場 血液型の話 お酒の話 写真 過去のエッセイ


09年 12月 14日(月)
先日、大忘年会で チームを分けてクイズがあり優勝したら何かもらえると言うことで、解答用紙にでかでかと自分の名前を書いて答えを書いていました。

ところが、問題が意外と真面目と言うか難しい。
お酒を飲みながらやる問題じゃない(と思う)。
周りの人も出来あがってて「酒飲みながらできない」と言われとにかく答えを埋めました。

税金の問題とか漢字の問題とか・・・分数の足し算が出てきてアホな答えを書いてしまった。
そんなことを忘れかけていたころ、マイクで私の名前が呼ばれ 最下位だったことを告げられ更に珍回答を公表されてしまった。

特に分数の足し算ができていなかったのが痛かった。
確か答えは8分のいくつかだったけど、私は「3分の1」と適当なことを書いたので(多分 通分していない)後日、事務所に行ったときには『3分の1の女』と言われました。

PCの設定をしていても数字が出てくると不安になって何度も確かめてしまいます。
その様子を見て「算数苦手?」と女性に聞かれました。

「うん苦手。 数学のどこが面白いの?」(私)
「色んな手段で解いていって最後に1つの答えがでるんだよ。 面白いじゃない!」(彼女)

「あーー、数学好きな人って そんな事言う人多いよね。 そう言う考えって嫌いなんだよなぁ。」(私)
「だいたい世の中に1つの答えなんてないのよ。 正解なんてないのよ。」(私)

「はぁ? 自分が間違ったのを問題のせいにするの?」(彼女)
「いや、そう言う考え方が嫌なのよ」(私)

おーかーしぃーだろー!? と主張する私達の様子を見て隣でブチョーが笑っていた。
「そりゃそうだ。 確かに世の中は1つの正解だけではないな。」(部長)

つきあってられんわ・・と言う感じで彼女は仕事に戻り、私もPCの設定を始めました。
まぁ、小学校4年生レベルの問題を間違ったことは事実なんだけどね。

彼女との会話で「おかしぃだろー!?」は 時々起こります。
数年前は言い合いがエスカレートして泣いて飛び出してしまったし。

お互いに絶対に言い分を変えないところがあるのかもしれないけれど、本当は彼女の言い分は ほぼ正しい。
分数の計算は別として、正しいことが通らないことの方が多いんだから いちいち怒っていたら疲れるしイメージダウンになるだけだと思う。
彼女の方が周りにガミガミ言ってるように見られてるけど私の方が かなり冷酷だと思う。
怒る前に「この人と一緒にやってられないから担当者変えてください。無理なら辞めます。」と 言ってしまうところがあります。
("怒られているうちが花" って本当なんだろうな)

彼女が正社員で私が外注だと言うのもよく分かります。
立場が違うから上手くやっていけているのかもしれないけど、彼女のように「正しいことは正しい」「間違っている事は間違っている」と、公の場でハッキリ言える人がいるから今の職場でも長くつきあっていけるんだと思う。

ほとんどの場合は多数決でもみ消されてしまうんだけどな。
そんな もみ消そうとしてくる人と話すのも疲れてしまってギブアップして今の立場を選んでしまいました。

今は みんなで右にならえ状態で(私もそのうちの1人だけど)"事なかれ主義" と言うか自分の考えがない(言えない)人が多いので、時々 彼女のような人が現れるとホッとしています。


過去エッセイ目次へ



Copyright (C) Since Aug,1998 GEKKOH.NET All Right Reserved.
※無断転載、二次利用はご遠慮ください。