gekkoh.net トップへ


自己紹介 演奏いろいろ リンク集 不定期エッセイ
タマ子劇場 血液型の話 お酒の話 写真 過去のエッセイ


2013年 10月 21日(月)
このたび、ジャズピアノレッスンをうけることになりました。(単発だけど多分月に1回ほど)
1年半かな、もう2年経つかな。その時に習っていた広瀬先生です。
この前、久しぶりにレッスンに行ったら「もう二度と来ないと思ってましたよ。」と言われました。

思い返せば約2年前・・・私は波紋されたと記憶しています。
当時は酷いと思っていました。

が、今考えたら波紋されても仕方がないと思います。
今もそう言うところがあるのですが、何か私には向上心がないと言うか薄いと言うか、上手い人を見ても特に悔しいとも思わないし もっと頑張ろうとか上手くなろうとか、そう言う気持ちが薄いように思います。
なので当時から「私って上達しないだろうなぁ」と客観的に思っていました。

ところが、去年の12月にあるお店でホストをやらないかと言われて
「ムリ、ムリ〜」と断ったものの
「あんなもんハッタリなんだからさ、まぁやってみてよ。」と、かなり適当な感じで私のレベルは関係なく決まりました。

(※ホストと言うのはセッションの時に来た人の伴奏やサポートなどする人)

今は上手いホストピアノが入っているけど最初はこんな感じだったんです。
女性は集客できると思ったらしく、この "適当さ" も今考えたらラッキーでした。

そこからドタバタな日々が始まりました。
幸いにもホストのベーシストとドラマーに恵まれて、自分の(ピアノの)ことだけを考えてるだけで良かったのもラッキーでした。

そして毎月、なんとか(かろうじて)こなしてるうちに来てくれた人に
「こんなピアノ伴奏で悪いなぁ・・・」と思うようになりました。

弾けない曲は断ることもしばしば。(普通はそんなホストおらん)
せっかく一緒に演奏するのに もうちょっと楽しくできるようにしたいと思うと練習するようになってきて、だんだん独学では心細くなってきました。
そんなわけで、とうとう限界が来て再び先生に連絡してレッスンして欲しいとお願いしたのでした。


セッションホストの方はと言うと相変わらずドタバタで、いつも色々心配でウジウジしてることが多いです。

 何であんなイントロ出してしまったんだろう〜! とか
 みんなに公平に演奏がまわったかな・・とか
 何で今日は○○さんは来てないんだろう? とか

ウジウジ女だと思われたくないので一緒にやってるドラムやベースの人には言わないように気を付けているのですが、だんだん気がゆるんできて、まだ起こってもいないことを心配して
「こんなことが起こったらどうしよう。」 「あんなことになったらどうしよう。」と言ってしまうこの頃。
(やめないでね〜)

あぁもう本当にこの性格、何とかならないだろうかT_T


レッスンが終わって帰る時
「先生、まだまだ質問があるのですが、色々心配ごともあるのですが・・・」と言うと
「その質問(心配)は今の練習を続けていると、そのうち半分位に減りますよ。」と言われました。

いつになったら半分に減るんだろうな。
待ち遠しいです(^^;)
過去の不定期エッセイへ



Copyright (C) Since Aug,1998 GEKKOH.NET All Right Reserved.
※無断転載、二次利用はご遠慮ください。