gekkoh.net トップへ


自己紹介 演奏いろいろ リンク集 不定期エッセイ
タマ子劇場 血液型の話 お酒の話 写真 過去のエッセイ


2013年 10月 31日(木)
今年も残すところ、後2ヵ月ですよ。
(この前、年が明けたと思ったのに・・・)
転がり落ちるように時間が過ぎるのが早いのは充実している証拠と言うことにしておきましょうかね。

最近、何だか病院話をする機会が増えたような気がします。
歳をとった証拠かなぁ、やだねーと 笑いながらも話してしまいます。

そう言えば以前の職場で年配の方が「同期とは病院でしか会わなくなった、」と、言ってた人がいて妙におかしく感じたものです。
(その会社は指定の病院があって、そこの社員はみんな同じ病院に行っていたので)

久しぶりに会って「やぁ、元気?」って・・・元気じゃないから病院にいるのにね。

最近の病院は便利で私が行ってるところは外にいても待ち時間(待ってる人数)が分かるのでギリギリまで外でお茶してます。
何もかもスピーディで診察室に入っても「はいっ、元気です」って終わりそうな勢いです。

この前、採血してる時に看護婦さんの腕時計が見えてロレックスのダイヤ入りのやつでした。
この病院は儲かってるのかと友人に話したら どうやら給料が良いらしい。

で、その後 また採血した時に看護婦さんの腕時計をチェックしていたらフランク・ミュラーだった。

採血後、看護婦さんの「お大事に〜」の声が「まいどあり〜」に聞こえるのは気のせいでしょうか。

この客さばき・・・じゃなくて患者さばき、見事です。
私もとっとと帰りたいので流れに乗って受診していきます。


大阪にいた頃は姉妹病院が神戸にあって、ここもまた すごい勢いで患者をさばいていくのですが昔はまだ "文明のリキ(?)" が進んでいなかったため、遅いと文句を言う患者をよくみかけました。
しかし看護婦さんも強くてこんな混んだ日じゃなくてもっと平日に来いと言う始末。

子供の頃は病院で時々 "大阪のオバチャン" につかまりました。
だいたい世間話から人生話のようになり

「将来のこと考えておいた方がいいよ、歳とってから何か考えてる?」とか言われて
「じゃあピアノでも弾いて過ごします。」と、当時は答えていたけれどもしかしたらそのとおりになるかもしれないなぁ。

多少の疑問を残しながらも、病院の方にはお世話になっているので昔は病院で働きたいと思ったことがあります。
そうは言っても何の知識もないので恩返しできることもないなぁと職場で話していたら翌日

「アナタが出来るいい仕事を思いついた!」と知り合いが走ってきて

「病院でパソコンを教える仕事!」と言ってきました。

そんな需要あるのん?
過去の不定期エッセイへ



Copyright (C) Since Aug,1998 GEKKOH.NET All Right Reserved.
※無断転載、二次利用はご遠慮ください。