gekkoh.net トップへ


自己紹介 演奏いろいろ リンク集 不定期エッセイ
タマ子劇場 血液型の話 お酒の話 写真 過去のエッセイ


2018年 2月2日(金)
拙いながらセッションリーダーとしては月に1回(隔月ごとに2つのお店で)やっています。
昨日はその中の1つ(町田)でセッションでしたが平日に移ってからは本当に落ち着いたセッション・・・いや、要するに人が少ないと言うか個人的にはどちらのセッションも気に入っています。

セッションをする時に ピアノの私は最初に一緒にやってくれるホストのベーシストとドラマーを探します。
自分で選ぶのでワクワクするけれど、断られたらどうしようと言うドキドキ感もあります。

良くも悪くもこれはセッションリーダーの特権だと思う。


そして一度、決まってスタートしたら出来ればずっと同じホストメンバーでやりたい。(自分がリーダーの場合のみ)
もうこれはホストと言うものを始めた時から考えは同じで、私が環境の変化に弱いからだと思うのですが、人が集まるセッションなら尚更、自分が仕切るセッションのホストメンバーは変えたくないと思っています。

でも現実は思ったように行かず、変えることになってしまいます。
かなり少ない方だと思うのですが やっぱり起こってしまいます。

相手の都合で辞めたいと言われた方がマシだと思うのですが、こちらから変える時は大きなダメージで何日も悩みます。
悩んだ挙句、だいたい熱を出すパターンは毎回同じ。

それでもメンバー変更するのは理由があって、そんな軽い理由ではありません。

今のホストメンバーは2016年からドラマーが梅津氏、同じ年の7月からベースは名越氏が引き受けてくれています。
(6月はセッション自体を休んでいるから熱でも出していたんでしょう^^;)

他のお店でもお願いしていたこともあり、私にとってメンバー(環境)が変わらないのはとても有難いことです。
2人に共通しているのは セッションを辞めたいと行った時も減らしたいと言った時も否定されなかったし責められなかったことです。

そんな環境の中で約2年できている・・・気持ちが落ち着いてくるのも当然ですよね。
私自身の演奏力や集客の問題はあるけれど有難い環境だなと思っています。

機会がありましたら こちらのホストメンバーと一緒にセッション参加してもらえたら嬉しいです。

素晴らしい演奏者だと思います。


過去の不定期エッセイへ



Copyright (C) Since Aug,1998 GEKKOH.NET All Right Reserved.
※無断転載、二次利用はご遠慮ください。