gekkoh.net トップへ


自己紹介 演奏いろいろ リンク集 不定期エッセイ
タマ子劇場 血液型の話 お酒の話 写真 過去のエッセイ


2018年 2月11日(土)
「自分は どこかおかしいんじゃないか?」
なんとなく昔から思ってることなのですがこれと言った原因も分からず自分に当てはまるものはないかと探す時があります。

「サイコパス」と言う人がいると聞いたら自分に当てはまらないか調べてみたり、最近はASDとか自閉症とか当てはまらないか見てみたりします。
共通点はあるような、ないような、こじつけてるだけかもしれないから結局のところ分からないままです。

それでも仕事柄 PC関連の設定やプログラムが多いし、人間関係の面倒なことはあるけれど仕事だからと割り切れるのですが音楽となると違和感を感じることが多かったです。

ある日、レッスンで「この曲はどんな風に弾きたい?」と聞かれました。
私は イントロは8小節で1コーラス弾いた後、アドリブで・・・と言っていると、そんな事を聞いているんじゃなくて "想い" とかないのかと言われました。

このやりとり、時々あるのですが結局 一生懸命何かを絞り出して言うけれど毎回答えられません。

その事を友人に話して「想いなんてないよねぇ」と言うと

「え? あるよ。思うように弾けるかは別としてもどの曲にもあるよ。」と、友人。

え? そう言うものだったの? その辺も原因で今まで噛み合わないことが多かったのかなぁと思い始めました。

だいたい "感情" が入っているのが苦手で、教えてもらうのにどこか感情的な意見が見え隠れすると冷めた目で見てしまうところがあります。
なぜそうなのかを論理的に冷静に教えて欲しい。
でも音楽に関しては そう言う人はゼロじゃないけれどあまり出会わない。
で、居心地が悪いことが多かったです。

「音楽を通じて気持ちを伝えたい」・・・この言葉も苦手で、それって演奏する側のエゴで聴く側(私)はそこまであなたの気持ちを(今は)聞きたくないんですけど。

そんな風に思い、やっぱり自分の感覚はどこか変じゃないかなと思ってます。

理論を教えてもらってる先生からは
「アナタはすぐに "この曲、嫌い" って言うけど、それは理解できない曲だから嫌いなのか、この曲自体が嫌いなのかどっち?」

と、聞かれて なるほど私ってそう言うところがあるのかと思いました。

そんな気持ちが少し変わった時がありました。
去年、オリジナル曲をライブでやった時に どうやってメンバーに自分の気持ちを伝えたら良いのか分からず何度も京子先生に相談して、一緒に演奏してもらって譜面を書きなおしたりしたのがキッカケでした。

そして理解できない事はどんな細かいことでも理論を教わってる先生に聞きます。
分かりやすい説明なので毎回質問だらけになります。

こんな事が繰り返されて、少しずつ変わっていけたらいいなと思っていますが、でもやっぱり「この曲を弾きたい」とレッスンに持って行くと

「どんな風に弾きたい?」

と、聞かれて また答えられず固まってます。

どこかおかしいとしても、自分の性格を正しく知って打開策があればピアノも楽しく続けていけると思うんです。
過去の不定期エッセイへ



Copyright (C) Since Aug,1998 GEKKOH.NET All Right Reserved.
※無断転載、二次利用はご遠慮ください。