gekkoh.net トップへ


自己紹介 演奏いろいろ リンク集 不定期エッセイ
タマ子劇場 血液型の話 お酒の話 写真 過去のエッセイ


2018年 10月28日(日)
以前も書いたけれどスケジュール管理が苦手です。
秋はライブやセッションやイベントが増えます。

毎年「混乱の秋」になり、来年こそはもっと計画的にスケジュールを入れようと誓う。(の、くり返し)

普段の私の仕事(作業)はみなさんがお休みの時に行われることが多い。
平日、みなさんが働いている時にサーバを止めたりメールが使えないと言うトラブルが起こると困る。
結局、休んでいる人が多い日時を選ぶので私の仕事は通常仕事をしている人と逆になることが多い。

もうこんな事を20年続けているのに ほとんど私の周りの人は知らないと思う。
20年前に周りに助けてもらって契約してもらった仕事。
技術のない私が(影の協力者によって)ここまで来れた仕事。

なのに今は「ちょっと相談があるのですが・・・」と声をかけられてもライブがあるから、セッションがあるからと言って「また今度にしてください」と言って帰る。

本末転倒。

週末ライブやセッションをするたびに こんなジレンマに悩まされます。

でも実際にライブをやってみると良い経験になることも多く、またこのメンバーで出来たらいいなと思うので、これがまた同じことが繰り返されて「混乱の秋」だけならまだしも「混乱の1年」になってしまいます。

ここ数か月で「いいなぁ」と思うピアニストに2人お会いしました。
1人はアマチュアで、もう1人は詳しいことは分かりませんが彼らのようになりたいと思いました。

私が聞いた限り(感じた限り)、彼らは表面上はなるべく角の立たない理由を言っているけれど実際は勇気を持って断っているように感じました。
彼らだけではなく他の人に聞いても断ることも結構あるらしく何でも受けていると言うわけではなさそうです。
そして自分の企画やリーダーバンドをやっているようです。

先日、レッスンで先生に相談したら「演奏する優先順位のような基準を書き出してみたらどうか」と言われ、書いてみました。

音楽性、人間関係、ギャラ、環境等。
音楽以外で優先したいこと、仕事や家庭。

「きちんと考えたうえでやったことは忙しくても納得が出来るから自分がなぜこのライブをやるのか分からなくなったら原点に戻れるようにしておいた方がよいと。

そしてどんな理由でうけたとしても、うけたからにはきちんとやるように。」

そんな事を言われて、自分の中で消化して10月を乗り切ったような気がします。
分からない曲は出来るだけ調べるようにしたし、意味不明な曲は理論の先生に解説してもらってアンチョコを書いてもらいました。

決して出来たとは言えないけれど、今できる精いっぱいのことだったので やって良かったと今思えるようになりました。

そしてもうすぐ10月が終わります。
そして間髪入れずに次は私にとって一番大きいライブがあります。

この調子で12月まで駆け抜けようと思う。

そして来年からしばらくコンボのライブ活動を辞めようと思う。
過去の不定期エッセイへ



Copyright (C) Since Aug,1998 GEKKOH.NET All Right Reserved.
※無断転載、二次利用はご遠慮ください。